ニキビ跡と毛穴の開き

2016y01m30d_145602384

私は若いころ、ニキビが多く、20代後半になったいまでもそのときのニキビの跡、また鼻の毛穴の開きがあります。これが劇的に消えるような化粧水や乳液などが発売されればいいのにと思っています。
また、オールインワン化粧水でよかったと感じるものに出会ったことがありません。やっぱり化粧水、美容液、乳液と1つ1つつけたほうが効果が高いのかなと感じます。
ただ、値段が結構はるので、安くて効果のあるものができればいいなと常々感じます。カミソリで産毛をそっています。なんとなく肌に悪そうなので、優しいカミソリができればいいなと思います。シェーバーは高価なのと管理が面倒くさそうなので使っていません。韓国産のシートマスクに関しては満足しています。

毛穴の開きには保水、保湿が大切だということでしわに効果のあるランコムのビジョネアセラムという美容液をつかっています。1本24000円くらいする高価な化粧品なので、海外旅行に行った際に免税店で購入しています。また、日本処方と海外処方の成分が違うらしいので、日本国内で購入しています。
保湿、保水といったところでは入浴にも気を付けており、そのままのお湯だと浸透圧の関係で水分がでてしまうので、日本酒やあらじおなどを入れ、浸透圧を高めてから入浴するようにしています。
たまに韓国産のシートマスクを使っています。安価だし、値段にしては・・という満足感が得られます。産毛そりについてはかみそりで処理しており、解決する手立てが見つかっていません。

メイク崩れと肌の乾燥予防

2016y01m30d_145639413

夏場は日中汗をかくので、夕方には化粧をしていてもスッピンのようになってしまいます。さらに肌がベタベタするので、触りたくなくなります。汗をたくさんかいても化粧が落ちず、サラサラ肌が続くというクリームがあれば良いなと思います。また、冬場は乾燥してしまい口元がカサカサと粉っぽくなってしまいます。学生の時はこの粉っぽくなってしまうのが恥ずかしく、冬場は毎日のようにマスクをして登校したのを覚えています。口元限定の粉っぽくなるのを防ぐクリーム等があれば欲しいと思います。他にも、風邪をひいて鼻をたくさんかむと翌朝必ず小鼻の皮膚が剥けます。これも恥ずかしいので、皮が剥ける前に防げるようなクリームがあれば需要があると思います。

夏場は汗に強い下地やファンデーションを使っています。下地はいろいろ試しているのですが、なかなか良いのが見つかりません。ファンデーションは「セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションII」を愛用しています。汗に強くお昼に化粧直しをすれば夕方まできれいな肌が続きます。値段もお手ごろなのでオススメです。また、冬場では顔専用の保湿クリームを使い、乾燥しないようマスクをしています。今使用しているクリームはニベアです。ショップの店員さんからオススメされました。実際使用してみても、ずっと潤いが続いている感じがして、肌がモチモチしています。さらにたくさん入っているので、他の乾燥部分(肘や膝、手の甲)にも使えます。小鼻もニベアのクリームで手入れすると、目立たなくなるのでとても便利です。

乾燥肌が酷くなる冬がイヤ

2016y01m30d_145647043

肌の悩みはたくさんあります。まず、乾燥肌です。夏も乾燥肌ですが、冬は本当にひどい乾燥肌で、口の周りに粉が吹いてしまいます。
次に、日焼け対策。年々、ほくろが増えてきて、そろそろシミも出てきそうです。いまから日焼け対策をして、できるだけシミ、しわができないように予防をしています。
そして、最大の悩みは面倒くさいことです。日々のケアも面倒ですし、はっきり言って化粧も面倒くさいです。化粧水に乳液に下地にクリームファンデにパウダーファンデ…考えただけでも面倒くさいです。それに日焼け止めまで塗らなければいけないとなると、もう顔は何層になっているのか、おそろしいです。
年々化粧が薄くなってきているのは、段々面倒くさくなっているせいです。保湿化粧水でしわ、乾燥肌対策

面倒くさがりにぴったりの化粧品は、オールインワンのアイテムです。化粧水+乳液のものです。お風呂上りにこれ一本を顔に塗るだけで終わります。オールインワンのケア商品はたくさんありますが、私は安いものを使うようにしています。高いものだとケチなので思い切り使えないのです。ですが、安いものだと、バシャバシャと思いっきり使えます。お肌にも思う存分、美容成分を吸収させることができる気がします。
メイクで使っているものはオールインワンアイテムはBBクリームです。BBクリームは下地とファンデーションが一緒になっているので、これまた面倒くさがりの私にはぴったりのアイテムです。いつも使っているのは、メイベリンのBBクリームです。この商品は日焼け止め成分も入っているし、カバー力もあり、乾燥することもありません。

シミが目立つようになった

元々色白なのが自慢で、友達からもよく色白なのを羨ましがられたり、肌がきれいだと褒められていましたが、35歳を超えたくらいから、目の周りのシミが目立つようになってきました。
20歳前半から、うっすらとシミはありましたが、ファンデーションでカバーできる程度でしたし、範囲も狭かったのでそこまで気にしていなかったのです。
今ではすっぴんの時はシミ隠しのためにメガネは欠かせませんし、外出する時はリップスティック状のコンシーラーを重ねても、まだシミを隠し切れていない状況で、先日主人から「あれ、シミそんなにひどかったっけ」と言われて、やはり人から見ても目立つんだと分かり、更にショックを受けました。
せっかく自慢だった色白の肌ですが、ここまでシミが目立つようになると、却って色黒の方が良かったのではと思うほどです。
私もこれまで何のケアもしていなかったわけではなく、一年中、洗濯物を干すちょっとの間ですら日焼け止めを全身に塗っていましたし、冬以外の季節は日傘や帽子も欠かしませんでした。
更にはコマーシャルでよく見かける、大手メーカーのシミに効くというサプリメントを、数年飲んでいたこともあります。
しかしそれでも全くシミは薄くならず、老けて見えるこのシミが気になって仕方ないので、子供の授乳期間が終わったら、皮膚科に行ってレーザー治療を受けようかと考えています。
私の調べた限りでは五万円くらいするようですが、消えてくれるなら高くはないと思います。

化粧水のつけすぎはよくない?

2016y01m30d_145709753

40代になってからというもの肌がどんどん乾燥しやすくなってきたんです。
エイジングケアの基本は保湿だってよくいわれているし、美容雑誌なんかにも肌がもっちりと潤うくらい化粧水をたっぷりと重ね付けしましょうって書いてあるんですよね。
私もそれを実践してて、手のひらやコットンパックで肌がひんやりとして手が肌に吸い付く様な感じになるまで、化粧水を付けてたんです。
この間、ある大手美容サイトのコラムを読んでたら、化粧水は適量で十分で逆に付けすぎると肌にダメージを与えるって書かれてたんです。
化粧水を入れ込めば入れ込むほどスキンケアの時間がながくなるから、体温でどんどん蒸発してってるんだそうです。
だから、つけた先から蒸発してるため、たくさん化粧水を使っても肌が潤わないってことになるらしいですね。
それに角質がキープできる化粧水の量は決まってて、それ以上与えてもむ無意味なってしまんです。
角質がふやけてはがれやすくなり、逆に肌トラブルが起きたり乾燥しやすくなってしまうっていうのが理由です。
これを読んでみてなるほどなって納得できる部分があったから、使う化粧水の量をちょっと減らしています。
以前よりも量は減ってるんだけど、肌の調子はそんなに変わらないし美容液やクリームをちゃんと塗ってれば、乾燥しないんですよね。
まあ、人の肌質は千差万別で、たっぷり化粧水を使った方がいい人もいるだろうけど、私の場合にはコイン大の適量で十分だったって感じです。
とはいってもその化粧水の質にもよるかもしれません。ある程度の量でいいと感じられるようなしっかりとアンチエイジングケアができる化粧水を選びたいですね。

女性も薄毛って気になる

男性ばかりが髪が薄くなってしまう事を悩んでいると考えられがちですが、現代人は食生活も変化していたり、社会に出て働いている女性が多くて、日々受けるストレスの量も違ってきている為か女性で薄毛に悩んでいる人も多いんです。
そんな悩みを抱えている方達におすすめしたいのが髪の毛のダメージケアにも効果を発揮してくれる育毛製品で、紙が薄くなってきた状態というのは実は毛根から髪の毛が抜け落ちてしまった場合ばかりではなくて、髪の毛にダメージが重なる事によって途中で髪の毛が切れてしまう、切れ毛という現象が起きている場合もあります。
そういった症状に心当たりがある方は髪の毛のダメージケアも同時に行っていきましょう。
幸いにも女性向けの育毛製品には髪の毛のダメージケア効果だけでなく、頭皮の皮脂のバランスを整えてくれる製品が沢山ありますから、髪の毛が乾燥しがちでパサパサだという方の髪の毛にもしっかりと潤いを与えてくれます。
その潤いを与えてくれる効果は髪の毛だけでなく頭皮にも及ぶもので、頭皮が乾いてカチカチになってしまっていたという方は、抜け毛が減ってくる効果をじわじわと感じられるはずです。
頭皮の状態を健康に保ちながら髪の毛のダメージケアを行う事で、理想に近い髪質まで作り上げる事が出来ます。
少し探せばそんな製品は簡単に見付けられますから、抜け毛や切れ毛が増えたからと頭を抱えてストレスを感じずに、直ぐにでも対策を始めてみましょう。